医師との意思疎通が何より大切|美を極めるために美容整形を受けよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感肌でも受けられる

女の人

人気のあるM22

シミやシワなどの肌のトラブルは、40代、50代と年齢を重ねるとともに目に付くようになります。丹念にスキンケアを行っても、若い頃と比べると、なかなか改善されないです。そのため、肌トラブルの治療を諦めてしまう方は多いです。大宮市の美容整形クリニックでは、気になる肌トラブルを効果的に解消できる治療が話題です。それは、フォトフェイシャルの最新機器であるM22というものです。これは、肌トラブルがある箇所に穏やかな光を照射する治療です。光が肌に当たると、その部分に熱を与えてトラブルの元にダメージを与えることができるのです。例えば、顔にシミがあるケースでは、シミの原因であるメラニンを熱変性させられます。すると、肌のターンオーバーが促進するので、シミが次第に薄くなっていきます。また、M22の光には、肌の奥のコラーゲンを生みだす線維芽細胞を活性化する働きがあります。よって、肌のたるみ、シワを解消して、美肌にすることもできます。大宮で人気のM22は、肌を冷却しながら照射を行っていきます。そのため、従来のフォトフェイシャルよりも、痛みや火傷のリスクが大幅に減っています。治療時間も短いので、仕事帰りなどに気軽に受けられる美肌治療といえます。

照射後に気をつけること

フォトフェイシャルの最新機種のM22は、美肌になりたい人に自信を持ってお勧めできます。ただ大宮の美容整形クリニックでの施術後は、生活習慣で気をつけることがあります。まず、光の照射後の肌は免疫が落ちているので、紫外線などの刺激を避ける必要があります。まともに紫外線に当たると、確実にシミ、色素沈着に繋がってしまいます。なので、施術をしてから最低3ヶ月間は日焼け止め、帽子などで紫外線対策は欠かせないです。大宮の美容整形クリニックで施術を受けた後は、日焼け止めを塗れるように用意しておくと良いです。その他に気をつけるべきことは、光の照射後は新しい化粧品でのケアは控える事です。というのも、肌が敏感な状態なので、普段慣れていない化粧品だと大きな刺激になるからです。洗顔後は、いつも使っている化粧水や乳液で時間をかけて肌を保湿する事が大事です。最後に大事なことは、皮膚にできたかさぶたを無理に剥がさない事です。顔にシミがあると、光への反応で黒や茶色のかさぶたになって浮き上がってきます。これを無理に剥がすと、皮膚へのダメージとなり、肌荒れが起こる可能性があります。美肌になるために、美容整形の際は上記の事を守る事が大事です。